白状

 昨日、もしかしたら言うてはならんことを言ったかも知れません。
 「運気がどうのなんて気のせい」とか(笑)
 いやまあ、そのうちボロが出ると思うからここで白状します。
 
 実は、風水好きのくせに、気の力とかなんちゃらの力とか
 どっかナメているんですよね〜

 しかしながら、その裏に含まれた意味を深読みするのが物凄く好き。

 例えば「恋愛運にはピンク」なんてのも
 ピンク色が持っている方位の力がどうのとか気の力がどうのとか
 そういうのはちょっとよくわかりません。

 ただ、ピンクの服を着ることのメリットはこれだけ浮かぶ。

    「ピンク=女の子らしい、可愛い」のイメージに基づきデザインがなされるので
    服自体女の子らしさがコンセプトになる


    「ピンク=女の子らしい、可愛い」のイメージがあるので
    身に付けることで女性であることを実感させられる


    「ピンク=女の子らしい、可愛い」のイメージに脅迫され
    ガサツな行動をすることに罪の意識を覚える


    「ピンク=女の子らしい、可愛い」のイメージに騙され
    男の目が曇り、幻覚を見せられる


    「ピンク=女の子らしい、可愛い」のイメージに助けられ
    女の子を卒業しちゃった女性も多少ばか・・・ゲホゲホ!若く見える


 そこに「ピンクの服だから恋愛運上がっているハズ!」と
 自信がついてくるとさらに恋愛運は上がるでしょう。

 世の中自信が全てだというのが私の持論。

 その上さらに本当に(おい)ピンクが恋愛運を上げる謎の魔力を
 有しているなら鬼に金棒、ジョルジュにコエンマ(流してください)


 おまじないも風水も多分に思い込みだと思うんですが
 消しゴムにカレと自分の名前を書いて使い切る、などと
 根拠の知れないものよりずっと
 風水と言うものは理屈がわかりやすいのです。

 それゆえ、イマイチうさんくさい理論でも
 もしかしたら何か裏があるのかも、と
 とりあえずやってみるかなと思わされてしまうのです。

 別に本当に何もなかったとしても
 無駄にならないのがまたお気に入り。

 規則正しい生活をする。
 部屋をきれいに掃除する。
 身の回りのあらゆるものに感謝する。
 うんうん。どれをとっても素晴らしいこと。

 ラッキーという見返りを期待してそれらをするのは確かに微妙。
 でも、それができない人よりは下心つきでもやれる人の方が
 やっぱりやったぶんだけえらいヒト。
 ・・・どれも当たり前のことなんですけれどもね・・・
 「当たり前」って意外とたいへん・・・
 
 さっきも言いましたが、私はやっぱり自信で動く人です。
 「当たり前」にできることが増えたら
 きっとその分自信になって、ちょっと世界が広がるかな、
 それが私にとって、ラッキーといえばラッキーかな。

 と。

 サイト開こうなんてとんでもない考えがフッと降ってきて
 それによってたくさんの出会いがあったラッキーを
 もしかしたら玄関水拭きとかトイレ掃除とか
 いつの間にか当たり前になっていたアレやコレが支えてくれていたら
 やっぱりやってよかった、かな?

 「これはガス台磨きのごほうび」とか書いてあったら
 もっと頑張るのに(笑)
タグ:風水
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/33121243
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。