閉じてるチャクラと開き過ぎのチャクラ

 Yahoo!メールの右端に表示されるウザったらしい広告に楽天のおすすめ商品がよく表示されてるんですが、いっつも真っ先に出てくるものだから気になってつい買ってしまったこの本……

 ものすごく読みやすかったのです。薄いし小さいし(文庫本だったから)。
 んで、他にも大量に買い込んでたものだからサラサラーっと読んでサラサラーっと忘れてた(笑)

 それを今日突然思い出してパラパラめくっていたら、これにもちょろっとチャクラのことが書いてあったのです。
 しかもものすごく簡潔で分かりやすい。脳活性トレーニングや風水術なんてのも載ってるし、薄いけど意外と濃ゆい本かもしれません。
 菜食主義者になってまでオーラが見たいという情熱はないんですがw

 で、とりわけ面白いと思ったのがチャクラが機能していない例だけでなく、開き過ぎの例も教えてくれているのです。
 チャクラはとりあえず開いてればOK! なんてこじ開けるだけこじ開けたらえらい目に遭うかもしれないw

 震撼したのが第1チャクラの開き過ぎのパターン。
 『物欲が強くなり、物をやたらとためこんだりするようになる』
 ……なんか前回「チャクラとは関係ないだろうけど」と書いたアレがwww
 超関係あった模様です。
 そうかそうか、私の第1チャクラは開き過ぎだったのか……と思って首を傾げる。
 『[詰まっているとき]パワー不足で弱々しくなりがち』
 あれ、これもその通りなんですが……
 第一よくよく考えたら第1チャクラが職務放棄してたからバンパイアに吸われ放題だったんじゃ?

 私が持っている本で「開き過ぎ」に言及しているのはこれだけだったのでググってみる!

 【チャクラについて】A.O. オリエンタルヒーリング
もしこのチャクラが閉じているなら、落ち着かず、ときに自分を見失ってしまいがちです。
考えすぎたり、感情が不安定だったり、迷子になってしまったかのようになります。
ときには宙に浮いているような感じがするかもしれません。
健康的な体質が保たれにくく、経済面でも問題が生じやすくなります。
考え事にとりつかれ、そのかわりに物忘れが多くなります。
支払いを忘れたり、もっと基本的なハミガキや食事を忘れたりすることもあるかもしれません。

 はい、まさにその通り! っていうか私のこと書いてます?
さらに、ムーラダラ・チャクラが開きすぎていると、重だるく感じ、やる気がでず、地に落ちたような感覚があるはずです。
いろんな問題が生じ、何事もやり通すことが難しくなってきます。
家から出るのがおっくうだったり、何か新しいことや変化を避けたがります。
本能にまかせ食べ・飲みまくったり、眠りまくったりと自分でおさえがきかなくなってきます。

 はい、まさにその通り! 私って開き過ぎなの? 閉じてるの?

 ヒーリングサロン蓮
滞っている状態     恐れ・無気力・不安定・自滅的行為・情緒に豊かさがない・内面の葛藤
開きすぎている状態   自己中心的・肉体の酷使・実質主義

 それぞれに思い当たる節がw

 よく分かんないから本に戻って第2チャクラ。
[詰まっているとき]すぐに泣いたり笑ったり怒ったり、情緒不安定になる
[開き過ぎのとき]過大性大腸炎のように、下痢と便秘を繰り返す傾向がある

 やっぱりだ……
 ここのところ調整とパワーストーンのおかげでだいぶ落ち着いてきたけど、かなり情緒不安定。
 そして腸の様子も上記の通り……。これも最近落ち着いてたのはそういうことだったのね……

 これって
 [閉じてる]意志薄弱⇔[開き過ぎ]強引
 みたいに、対極に伸びてるわけじゃないみたいですね。
 「実質主義」(1が開き過ぎ)は「情緒に豊かさがない」(1の滞り)の煮詰まった形のひとつみたいな気もするし……
 「詳しく見れば情緒に豊かさがないのは第1チャクラの滞り、実質主義的発想は第1チャクラの過剰回転なんですけど、まあ要するに第1チャクラに問題があると人生に楽しみを見つけられませんよ」
 というようにザッパリとまとめてまず問題がないからこそ開き過ぎ症例と凍結症例を分けない本が多いのかもしれませんねぇ。

 さて、第1チャクラの調整をしているとは書きましたが、そのあと並行して第2にも入っておりまして、あんまり何が変わったという実感はなかったのですが、実は上記の通り情緒不安定と腸がちゃっかり恩恵を授かっていたことが判明しましたw

 それよりなにより「ギャッ」と思ったのが続きの第3チャクラの記述。
 [詰まっているとき]自己中心的で競争意識が強くなり、人間関係が難しくなりがち。
 [開き過ぎのとき]急性胃潰瘍で胃に穴が開くことがある


 いーやーヽ( ;´Д`)ノ
 ほんっと今そうなっちゃってるんですよ……
 最近頻出のパンパイアちゃんとのことなんですが、よくよく考えると彼女のパターンはなかなか興味深いものがあるので別記事にいたしましょう!
タグ:チャクラ
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/406129243
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。