2017年12月23日

2018年手帳

 なんだかんだ言って今年も買いました。
 
 今年の運勢とか風水コラムとかは全然読んでいません笑
 この手帳の何がいいって、ウィークリーの見開きの右側に九星別の開運キーワードが載っていること。
 fuusui2018.jpg
 で、キーワードに用はないですw枠の方ですw
 この見出しの一白水星を北に、二黒土星を南西に……と見立てて、その日、どこにどの星が入っているかをダダダダッとスタンプ!
 fuusui2018-1.jpg
 汚い(ノ∀`)
 しかし私の場合は手で書くよりナンボかキレイでナンボか早いのです……

 一番上の段の日は三碧木星が中宮で、北に八白土星、南西に九紫火星……と一目で分かります。
 私は七赤金星なので、これが入っている方位は本命殺になりますので7は赤に変え、同様に五黄土星が入っている方角も五黄殺になりますので赤で押します。
 暗剣殺や本命的殺や日破をいちいち考えながら色を変えていくのは時間が掛かるので、その他の星は全て青で押し、その後で暗剣殺=A、本命的殺=T、日破=Pを該当する場所に並べています。
 他に巡金神(G)、天一天上神(1)、遊行時の大将軍(S)や月毎に動く吉神もマークしているのでカオスですが、これは九星気学では多分考慮しないと思いますのでまた別の機会に

 Dr.コパさんの風水手帳も同じ仕様なのですが
 
 デザインで李家幽竹さんの勝ち!
 (でも今年はコパさんのもだいぶマシな気がする)
 李家幽竹さんの方は透明なビニールカバーの内側に紙のカバーが被せてあるので(しかもリバーシブル)表紙デザインが気に入らなければ100均で可愛い包装紙でも買ってきてカバーに仕込んでしまえばいいですし……
 しかし開運キーワードの方に用がある人は個人的にはコパさんの方をお勧めしたいところ。

 こんな面倒くさいことをしながらなんですが、私は吉方位旅行には行きません笑
 別にそこまで頑張って金運とか仕事運とか上げようって気にもならない……
 それでもやっぱり吉方位にいるときと凶方位にいるときの不快指数は全然違う!

 だから、ただひたすら凶方位を避けるためだけにペタペタやってます。
 市内の病院は南西で、隣市の病院は西。今日は三碧木星だから五黄殺を避けて市内の病院にしよう……とか、今日はお店の方位が暗剣殺だから買い物は明日にしよう……とか、その程度。

 でも、その程度でもひたすら凶方位を避けていると、行先や発ち日を自分で選べないときでも偶然吉方位になっていたりするのが不思議!
 週に一度100kmほど東に日帰りで移動しているのですが、「わぁ、この日は東が暗剣殺だ……」とガクブルしていると、別の用事が発生し、前日に泊り掛けで行くことになってめでたく暗剣殺を回避できたり、または急遽キャンセルになったり。
 面白いものです。
posted by インスタント風水 at 18:05| 九星気学 | 更新情報をチェックする