2018年01月04日

吉方位の落とし穴

 今年の風水手帳の記事の画像で
 fuusui2018-1.jpg
 恐ろしく見づらいのですが、九星を表す数字の上に「G」とか「1」とかが時々出現します。

 何年か前、東が吉方位だった年に、事あらば! 隙あらば! で東に泊まりまくっていたことがありました。
 そんなことをしていたからか分かりませんが、とにかく忙しい年でした。
 忙しいにもかかわらず、何故かやたらとお葬式が続いたことがあって、友人に「お葬式が多過ぎて……」と愚痴っていたところ

 「もしかして金神さんが障っていません? 最近よく東を取っているでしょ? 今年、東に金神さんが入ってますよ」

 なんでも金神さんのいる方位を犯すと家族を7人亡くすのだとか。
 家族が7人いない場合は家畜とか(現代ならペットということになるのでしょうか)近所の人なんかまで殺されてしまうそうで……

 もう何年も高島暦を愛用しているので「金神」という凶神が存在することくらいは知っていましたが、九星気学や風水の本やウェブサイトなどで「東は吉ですが金神さんがいるので使えません」なんて書いてあるのを当時は見たことがなかった(気づかなかった?)のです。
 で、全く気にしていませんでしたが、言われてみると確かにこの続き方は気持ち悪い。
 家族やペットに不幸こそ訪れなかったものの、仕事関係や親戚、近所でそれこそ週に1,2回とかそういうレベルでお葬式が出続けているのです。

 だいたい「お葬式って何でか続きますよねぇ」というお葬式での慣用句的やり取りを考えても、それって知らず知らずのうちに金神さんのいる方位の柱に釘を打ったとか旅行に行ったとか植木の植え替えをしたとかって可能性もゼロではないんじゃないの!?

 なんて思ったら怖くなって、例え吉方位であってもできるだけ金神さんのいる方向は避けることにしています。

 で、この金神さん、厄介なことに遊行なさいます( ;´ρ`)
 昨日は南にいたのに今日は北と南西と西と北東に(基本あっちこっちを塞いでます)……なんて状態なので注意を促すために「G」マークを付けている次第です。 

 同じように遊行する神様で天一神さんという神様もいます。
 「天一神さんのいる方位を犯すと祟りがある」という、金神さんに比べるとふわっとした表現なんですが、まあどうせ金神さんをチェックするなら……と、こちらも「1」マークでチェックしています。

 実際は天一神さんの遊行はとても規則的でチェックが楽だからやっているだけで、金神さんほど気にもしていないのですが……
 暦を見ていると時折「天一天上入り・終り」などと出てくるのですが、その期間は天一神さんの代わりに日遊神さんが家の中に降りてくるのだそうです。
 その間は天一神さんの方災はなく(でも代わりに日遊神さんのいる家の中を綺麗にしておかないと障られるそうな……)天一天上が終わった後は
 北東に6日間
 東に5日間
 南東に6日間
 南に5日間
 南西に6日間
 西に5日間
 北西に6日間
 北に5日間
 で、また天一天上期間の繰り返し。
 金神さんのややこしさに比べたら何て分かりやすいんだ!

 さらに大将軍さんという神様も遊行します。
 この神様は動きが少ないので、これまた勢いでチェックしています。
 春の土用:甲子~戊辰→東
 夏の土用:丙子~庚辰→南
 秋の土用:庚子~甲辰→西
 冬の土用:壬子~丙辰→北
 この方位に向かっての建築、移転、縁組、旅行はケガなどの災難が起こるとか。

 この神様方と九星気学の凶方位を重ね合わせると正直どこにも行けません笑
 それで吉方位旅行とかのモチベーションが落ちたってのもあります。

 泊まらなければいけない方角が九星で三盤揃いの大吉方位だったとしても、これらのマークがついていれば頑なに温泉には浸からず、できるだけ土地のものを食べないように近所や途中で通る吉方位のスーパーで買ったおにぎりやパンなどを持参し、1kmでも自宅の近くに、1時間でも早く帰れるようにと策を巡らせ、中指にがっちりと指輪をして出かける怯えっぷり。

 ただ、方位神は24方位で見ている節があるので、意外と「銀座はダメだけど木場ならセーフ」みたいにちょこっとホテルを移動させるだけで回避できちゃったり。
 なのでやはり基本的には気学の五大凶方位回避を最優先にしています。

 そして、どうにも逃げられないときの気休め←
 天道・天徳なんかの吉神がいる方位は吉になる! みたいな話も聞きます。
 個人的な感覚で「えええ?」って感じるんですが、正に困ったときの神頼みw

 基本的には年盤座相で吉神さんを探して心を慰めるのですが、これまた月毎に天道、月徳合、天徳、天徳合の方位が変わるので、そちらだけ手帳にチェックしています。
 (他にもいた気がするけど調べる前に年が明けたので今年は諦めました笑)

 天徳さんより天徳合さんの方が格下……とかってランキングがあるらしいのですが、「でも、天徳合か……」となっては気休めの意味がない!!wので、吉神さんは一緒くたにしています。
 画像でいうと二黒土星(南西代わりに使っています)の三段目の「22」の印です。
 fuusui2018-1.jpg
 24方位にするために8方位を三分割して、北から時計回りに1,2,3で表現w
 北東は
 1丑方位
 2艮方位
 3寅方位
 東は
 1甲方位
 2卯方位
 3乙方位……みたいな。
 この画像だったら「この日以降1ヶ月、南西の坤方位にどちら様かの吉神さんが2柱遊行中!」の意味に……ややこしすぎる笑

 これらの方位神も冷静に計算すればさほど難しくないのですが、何せ数が多過ぎる!
 疲れてぼんやりしてくるので私はいつもこちらのサイトさんのお世話になっています。
 金神の所在を計算しよう
 八将軍の所在
 吉神の所在

 上記は全て同じサイトさんのコンテンツです。
 月の占星学 
 こんな計算をしてくれるなんて神様過ぎる……

 金神さんはやっぱりどうにも気になるので余裕がある方はぜひチェックしてみてください。
 他の神様は……ノイローゼにならない自信があるならどうぞ笑
 ただ、「吉方位旅行!」「祐気取り!」みたいに開運目的でわざわざ出かけるのでしたら、ちょっと気に掛けたほうがいいかもしれないかな、なんて思います。
posted by インスタント風水 at 01:09| 旅行風水 | 更新情報をチェックする

2008年10月13日

10~12月の旅行

 20日から一週間ほど関西方面に行くつもりだったのですが
 行けるかどうかが微妙になってきました…

 義母が健康診断で引っ掛かっちゃって
 しかもあまり良い状態ではないらしく
 凄まじいスピードで病院をたらい回しにされた果てに
 17日に医大で検査入院決定。アウチ。
 検査入院なら一泊二日だろうし
 結果が出るのも一週間後くらいだろうし
 早めに帰ってくりゃ行けるかな~と思ったんですが
 どうも義母の話では片っ端から検査をするとかで
 一泊二日じゃ済まないんじゃないかとか何とか。
 っていうか最悪そのまま手術入院に切り替わる可能性もゼロでない
 …なら尚更ほっつき歩いている場合じゃないんですけどさ!

 どうしようよ、ただでさえ休みの少ない友人の
 貴重な貴重な有給休暇二日も使わせちゃったのに…orz

 ホテルだのバスだののキャンセル料なんてホントどうでもいいけど
 こういうのが切ないですよね~。

 まあしかし最初から気が乗らなかったのも確か。
 今回の関西行きはダンナの仕事の便乗だったんですが
 それを友人に話したら頼まれごとをされたのがきっかけだったんですが
 (ついでにその頼まれごとは義母の話が出た時点で断り済み・笑)
 なーんかややこしいことになるような、気が重い感じがしたんです。
 そういうときに下手に動いたらいかんということでしょうねぇ。
 特に人を巻き込むのはいかん。覚えとこう。うむうむ。


 さて、相変わらず長い前置きになりました。
 風水では旅行で開運するという考え方があります。
 やたらめったら出掛ければいいというわけではなく
 自分にとっていい方角にでかけることが大切です。

 これから紅葉シーズン→年末休暇と行楽も増えると思います。
 何の予定も入っていない休日は吉方位に出かけてみるのもいいかも?

 *10月*
 一白水星二黒土星三碧木星四緑木星五黄土星六白金星七赤金星八白土星九紫火星
         
北東    
    
南東         
         
南西    
西    
北西    


 *11月*
 一白水星二黒土星三碧木星四緑木星五黄土星六白金星七赤金星八白土星九紫火星
         
北東         
    
南東         
         
南西         
西    
北西   


 *12月*
 一白水星二黒土星三碧木星四緑木星五黄土星六白金星七赤金星八白土星九紫火星
         
北東   
         
南東    
         
南西   
西         
北西    


 ◎:出掛けることによって特に効果が期待できる方角
 ○:効果的な方角
 △:出かけても問題ない方角
 それ以外は凶方位です。
 ただし、一緒に出掛ける人、特にリーダー格の人にとってその方向が吉方位なら
 同行者も吉方位の効果が現れます。

 吉方位への旅行は遠ければ遠いほど効果が高まります。
 さらに効率的に土地の運気を取り込むには
 温泉に浸かったり、その土地で取れたものを食べたり
 行き先付近の神社にお参りすること。
 今年は水の年ですので、スケジュールをギチギチに詰め込むよりは
 のんびり気ままに、行き当たりばったりくらいのほうが向いています。


ラベル:旅行風水 吉方位
posted by インスタント風水 at 17:07 | TrackBack(0) | 旅行風水 | 更新情報をチェックする